日本ハム速

北海道日本ハムファイターズ なんJ まとめ


    2013年12月

    1: 風吹けば名無し 2013/12/27 09:12:33 ID:bK+DV5QA

    札幌市は、札幌ドーム(札幌市豊平区)の施設命名権(ネーミングライツ)について、本年度に予定していた
    売却を見送る方針を固めた。ドームを本拠地とするプロ野球北海道日本ハムや、運営する株式会社
    札幌ドームとの調整に時間をかけるためで、3者で契約金額などの条件を再検討し、来年度の公募を目指す。

    施設命名権の売却は、今後10年間で約100億円とされる札幌ドームの改修費の財源確保が狙い。
    2011年に実施した過去2回は年5億円とした契約金額の高さなどから不調に終わっており、
    市は本年度、条件緩和を視野に検討を進めていた。

    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/512438.html


    過去に何も学んでないね(ガッカリ


    引用元: 【悲報】札幌ドーム命名権売却、見送り

    【【悲報】札幌ドーム命名権売却、見送り】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/12/26 19:17:31 ID:lqwL6b4A

    斎藤佑樹投手(25)が25日
    メジャーに渡る楽天・田中に惜別のエールを送った

    「本人の思い通りになって良かったと思う。活躍を期待したい」
    「いつかまた投げ合ために、僕頑張らないといけない」と前を向いた。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131225-OHT1T00178.htm


    引用元: 斎藤佑樹 マーにエール

    【斎藤佑樹 マーにエール】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/12/25(水) 05:18:04.88 ID:t3k3uSiN

    2013.12.25 05:01
    日本ハム、FA鶴岡の人的補償として藤岡を獲得
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20131225/fig13122505010000-n1.html

     日本ハムが、フリーエージェント(FA)でソフトバンクに移籍した鶴岡慎也捕手(32)の人的補償として、
    藤岡好明投手(28)を獲得することが24日、分かった。25日にも発表される。

     右のサイドスローの藤岡はプロ8年目の今季、中継ぎとして32試合に登板して4勝0敗、防御率2・51。
    力のある直球を軸にスライダー、シンカーで勝負するスタイルで、1年目の2006年には62試合に登板した。昨年の優勝から一転、
    今季は最下位に沈んだ日本ハムは、投手陣全体の底上げが急務。1軍の経験豊富な藤岡に白羽の矢が立った。


    引用元: 【速報】ハムの補償は藤岡

    【【速報】ハムの補償は藤岡】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/12/24 07:29:59 ID:XvJn7Ph7

    1番CF 陽 .281 22 63 53盗塁 盗塁王
    2番2B 西川 .334 8 51 45盗塁 首位打者
    3番DH アブレイユ .289 34 81
    4番LF 中田 .296 37 114 本塁打王、打点王
    5番1B ミランダ .277 28 90
    6番RF 大谷 .283 15 59 22盗塁
    7番3B 大引 .275 7 53
    8番C 大野 .268 5 42
    9番SS 中島 .256 2 38 40盗塁

    優勝待った無しや!


    引用元: 来シーズンの日ハム打線wwwww

    【来シーズンの日ハム打線wwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/12/19 01:12:17 ID:zAL6zp2V

     日本ハムは17日、来季のスローガンを「俺がやる。」にしたと発表した。
    リーグ優勝を奪回するために一人一人が責任感を持ち、何事にも意欲的に取り組む懸命さが必要との思いを込めた。
    栗山監督は「シンプルでいい。『誰がやるの?』『俺がやる』というように、ファンの皆さんにも使ってもらえれば」と笑顔だった。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131217-OHT1T00079.htm




    引用元: 栗山英樹、来季のスローガンを「俺がやる。」に決定

    【栗山英樹、来季のスローガンを「俺がやる。」に決定】の続きを読む

    このページのトップヘ