日本ハム速

北海道日本ハムファイターズ なんJ まとめ


    2014年02月

    1: 風吹けば名無し 2014/02/09 18:06:03 ID:K+rp9uMw

     日本ハム大谷翔平投手(19)が9日、あこがれの人と対面した。
    沖縄・名護キャンプを訪れた野茂英雄氏と初対面。

     「(話の内容は)あいさつくらいです。大きくて、雰囲気がすごかった」
    と恐縮していた。この日で第2クールが終了。前日8日は紅白戦で実
    戦初登板したが「ブルペン(投球)のときよりは張りが出ますけど、
    気になるほどではなかったです」と、体調もよさそうだ。

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140209-1255342.html
    no title


    引用元: 大谷、野茂氏と対面「大きくて、すごかった」

    【大谷、野茂氏と対面「大きくて、すごかった」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2014/02/05 09:16:31 ID:/mrQUNsB

    再生なるか? 背水の斎藤佑樹 異例の一日2度ブルペン
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000003-wordleafs-base&p=1
    ピッチングフォームは、様変わりしていた。右足の軸でしっかりと立ち、そこからマウンドの傾斜を利用してドンと体重を移動する。
    ひねりや、沈みという、いわゆる日本風の“間”を取り除いたメジャースタイル。故障防止のためにメジャーで、広く応用されているメカニックである。
    故・伊良部秀輝が、このメカニックを追求して成功を収めた。左肩、左ひざが割れなければ、腕の振りが打者から隠れる。

    しかし、現状の新フォームは躍動感や迫力には欠ける。
    球持ちも悪い。このままでは打者に嫌らしさを植え付けることは難しいだろう。栗山監督も、この日、微妙な言い回しをした。

    「怪我に対する怖さは消えた。では、今日は、躍動感、力感があったと聞かれれば……凄くいいなとは感じなかった。
    次のクールから実戦に入っていく。キャンプ前に、全員と交わした約束通り、ここからは厳しい勝負。入れ替えの可能性もある。
    チャンスは、自分でつかみとれということ。そういう厳しさが、チームを前に前進させる力になる」


    引用元: さいてょ、怪我は治るも 栗山「躍動感、力感が…

    【さいてょ、怪我は治るも 栗山「躍動感、力感が…】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2014/02/03 09:40:58 ID:NyZao5Ou

    日本ハム斎藤佑樹投手(25)が2日、完全復活へ、力強く踏み出した。
    キャンプ初のブルペン入り。67球を投げ、終了後には志願して計40球を追加する100球超の熱投を見せた。
    右肩関節唇損傷によるリハビリで絶望のふちにいた昨年キャンプから1年後。周囲も感極まるほど、復調気配を見せ「景色が変わった」と感慨に浸った。

    5カ所ある名護のブルペンのど真ん中に立った。後方には大社オーナー代行ら背広組の球団幹部。山田GM、栗山監督ら首脳陣が集結した。
    26球目を投げ終えると、虹色に輝いた1羽のチョウが舞い込み、頭上で優雅に舞った。「昨年のこの時期は投げられなかった。それを考えれば喜びは感じています」と話した。
    シュートもテストした。スライダー、フォークも織り交ぜる力投。女性の球団広報まで、その姿に感極まった。

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140203-1252441.html


    引用元: 【吉兆】斎藤佑樹の頭上に虹色の蝶が舞い降りる

    【【吉兆】斎藤佑樹の頭上に虹色の蝶が舞い降りる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2014/02/03 16:21:53 ID:rJm6HNwB

    正捕手鶴岡を手放した日ハム、異例の決断のワケ。
    ~横浜高出身3年目、近藤への期待~
    http://number.bunshun.jp/articles/-/781823
    「捕手が安泰ならば、球団は10年もつ」と言われるほど重要なポジションを巡って今オフ、日本ハムが下した決断は、常識では考えられないものだった。
    昨年も114試合に出場し、2割9分5厘の打率を残した12年目の主戦捕手・鶴岡慎也を、FA宣言をしたからといって簡単に放出してしまったのだ。

    投手を乗せるのは上手だが、若手を引っ張るタイプではなかった。これまでコーチ会議などでしばしば俎上に載ったのが、鶴岡の「投手言いなりのリード」。
    チームの若返りを図る日本ハムにとっては、強気で投手を引っ張る捕手こそが求められていた。
    さらにその背景には、横浜高出身の3年目、近藤健介を一人前に育てたいという思惑がある。

    173cmと小柄ながらパンチ力のある打撃、そして二塁送球が2秒を切るという強肩が持ち味。遊撃、右翼をこなす器用さも持ち合わせている。
    その近藤に、バッテリーコーチを兼任している中嶋聡が「一人前になる」と太鼓判を押しているのだ。


    引用元: 正捕手・鶴岡を手放した異例の決断のワケ

    【正捕手・鶴岡を手放した異例の決断のワケ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2014/02/03 06:07:25 ID:rJm6HNwB

    佑ちゃん復“肩”だ!栗山監督のお告げ「荒木とかぶる」
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20140203/fig14020305060000-n1.html
    日本ハム春季キャンプ(2日、沖縄・名護)日本ハムの斎藤佑樹投手(25)が沖縄・名護キャンプの2日、捕手を座らせて投球練習を行い、
    新球のシュートなど変化球を交えて67球を投げ込んだ。
    栗山英樹監督(52)はヤクルト時代の同僚である荒木大輔氏(サンケイスポーツ専属評論家)を引き合いに出し、
    「荒木を見てきたから(佑樹が)かぶる」と“まな弟子”の完全復活を予言した。

    昨季は右肩痛のため1軍登板は終盤の1試合のみ。指揮官は完全復活を目指す右腕と、荒木氏をだぶらせた。
    ともに早実高時代に甲子園を沸かせ、一躍アイドルに。荒木氏は右肘の故障などで3度の手術を経験しリハビリを経て約4年ぶりに復活。
    1993年にはチームの日本一に貢献した。
    復活劇を見てきただけに「苦しんでいるのを見てきた。ここを抜け出したら大きいよ。チームにとっても佑樹にとっても」と力説した。


    引用元: 栗山、さいてょ完全復活を予言 「荒木大輔とかぶる

    【栗山、さいてょ完全復活を予言 「荒木大輔とかぶる】の続きを読む

    このページのトップヘ