1: 名無しさん 2020/01/16(木) 08:43:48.20 ID:OoSkA0Eia
愛のムチもこの男の優しさの1つ。過酷なメニュー間のインターバルタイム。集まった報道陣全員に昨年同様、スクワットを課した。
上下へのジャンプスクワットを70回。悲鳴を上げる一同を前に大笑いした中田は、このメニューをウオーミングアップでこなすという。倒れ込んでしまった記者は、プロ野球選手の強靱(きょうじん)な肉体を感じた瞬間だった。

中田はきつくても、若手の前で場を盛り上げ、楽しい雰囲気を作る。だからチームの後輩のみならず、他球団からも選手が慕ってくる。
1発が魅力でありながら「一番は打点。今までにないくらいの打点を残したい。本塁打よりはそっちかな。120、130打点くらい、打点にこだわっていきたい」。
厳しいトレーニングで得た肉体で20年シーズンに挑む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-01160072-nksports-base

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1579131828/

2: 名無しさん 2020/01/16(木) 08:45:29.58 ID:TQuaWoc80
恒例のやつか

3: 名無しさん 2020/01/16(木) 08:47:16.21 ID:oKepsOgId
清宮幸太郎もここにさえ、行かなきゃな

4: 名無しさん 2020/01/16(木) 08:50:22.65 ID:0C3NMZiFa
中田はこういうとこが人気ある要因だよな

5: 名無しさん 2020/01/16(木) 08:52:12.18 ID:gkawCLVkp
かわいい

6: 名無しさん 2020/01/16(木) 08:54:44.19 ID:8+10OXBna
後輩の面倒見つつ自分のインターバルでは記者も楽しませるとかいい奴やん